会社情報

社長挨拶

世界の人々と分かち合い
食べる楽しみを
お届けします。

company_01

千代田食品は、1953年(昭和28年)に東京都千代田区に創業いたしました。
海の恵みを大切に活かし「食べる楽しみ」「ヘルシーで健康」な商品を食を通じてを人々の暮らしに貢献します。

魚肉ソーセージの製造から始まった当社の事業は、チーズかまぼこ、レトルトパウチなど食品関する分野へと広がっています。

イノベーション戦略は、国内・海外のマーケットの拡大。ナショナルブランド、プライベートブランドの新製品開発強化。新規事業の開発を軸に新たな展開を進めていきます。

創業から変わらない食べる楽しみ、ヘルシーで健康な商品を世界の人々と分かち合い、品質にこだわり未来に向け安心・安全な商品を今後も邁進してまいります。
従業員が自ら会社の歯車として自立的な実行力を高め、役割分担と責任を認識し改革を進めています。

これからも、品質にこだわり安心で安全な商品を世界にお届けする会社になるため、未来に向けて顧客・お取引先、家族である従業員に愛される会社を目指します。

代表取締役社長
由良 完


会社概要

商号 千代田食品株式会社
代表取締役社長 由良完
本社工場 千葉県白井市名内335-4 白井第二工業団地内
創業 昭和28年2月
資本金 2,000万円
営業種目 魚肉ハム、ソーセージ、チーズ入りかまぼこ、その他食品加工
従業員 120名
取引銀行 千葉銀行 鎌ヶ谷支店、京葉銀行 白井支店
三菱東京UFJ銀行 柏支店、りそな銀行 上野支店

沿革

昭和28年 2月 東京都千代田区飯田町一丁目8番地に千代田食品有限会社を設立創業。
魚肉ハム・ソーセージ営業許可(東京都)第1号となる。
昭和29年 2月 千代田食品株式会社に組織変更。
昭和31年 3月 東京都荒川区荒川一丁目55番地に本社・工場を新築移転。
昭和33年 農林省JAS認定工場となる。
畜肉ハム・ソーセージ営業許可。
昭和50年 4月 千葉県印旛郡白井町(現白井市)名内字新山335-4 白井第二工業団地に本社・工場を新築移転。
公害防止施設、浄化設備等近代的衛生設備完備。
昭和56年 11月 所轄の成田税務署より優良法人として表彰を受ける。
事務部門合理化のためパソコン増強。
昭和57年 急速冷凍室を施設。研究室の充実をはかる。
昭和60年 第二工場(包装、出荷)を増設し、レトルトパウチ(高圧高温殺菌惣菜)部門を設置。
昭和62年 第2次浄化設備に更新。
平成5年 ソーセージ部門、レトルトパウチ部門強化増産のため新鋭機械導入。
研究室、事務部門拡充のため社屋を三階建てに増築。
平成10年 12月 受注管理業務合理化のためパソコンシステム一新。
平成12年 2月 第二工場閉鎖(レトルトパウチ製造部門撤退)。
平成15年 9月 パソコンハード更新・増設。
平成29年 10月 由良 完 代表取締役社長就任
平成30年 物流倉庫を増設